カテゴリー別アーカイブ: qmail

CentOS7でのezmlm-idx

qmail+ezmlm+ezmlm-idxでメーリングリスト。

CentOS7になってまで使っている人は少ないだろう。

が、あえて、この話題。備忘録的な意味も含めて。

 

この組み合わせはCentOS7でも使用可能。しかし、そのままでは使用出来ない。

ezmlm-idxが悪さをしており、ezmlmが一切動作しないのである。

 

原因は、ezmlm-idxにある「sub-std.c」。

「FATAL」と「USAGE」という文字列変数が定義されておらず、

Could not load plugin /usr/local/lib/ezmlm/sub-std.so: /usr/local/lib/ezmlm/sub-std.so: undefined symbol: FATAL

なんてエラーを吐き出す。なぜ、コンパイル時にエラーを出さないのか、小一時間程、問い詰めたい。

 

解決方法は、下記のように「sub-std.c」に「FATAL」と「USAGE」という文字列変数を定義してあげればいい。

const char FATAL[] = “sub-std: fatal: “;

const char USAGE[] = “sub-std: usage: “;

これで正常に動作する。なぜ、コンパイル時にエラーをd(ry。

 

もし、CentOS7でqmail+ezmlm+ezmlm-idxを使う際は参考にしてほしい。

うちもそろそろpostfixに移行しないと。

 

次回は、kickstartでNetworkの設定をする件について記載する予定。

 

 

レンタルサーバでCentOS7を使いたい場合

ぴっとさ~ぶ