カテゴリー別アーカイブ: Flex/Air

FlashPlayerの再インストール(または変更)

Flex開発環境をセットアップしてデバッグするためには、FlashPlayerをデバッグ版に変更する必要がある。
以下の手順で再インストールすること。

(参考)
http://livedocs.adobe.com/flash/9.0_jp/UsingFlash/help.html?content=WS44CAA59E-B4F7-4ef4-BCE4-50FE34951ACE.html

1.FlashPlayerアンインストーラをダウンロードする
http://kb.adobe.com/selfservice/viewContent.do?externalId=tn_14157&sliceId=1

2.すべてのブラウザをシャットダウンし、アンインストーラを実行

3.デバッグ版のFlashPlayerをインストール
C:Program FilesAdobeFlex Builder 2PlayerdebugInstall Flash Player 9.exe (Firefox, Mozila, NN)
C:Program FilesAdobeFlex Builder 2PlayerdebugInstall Flash Player 9 AX.exe (IE)

ひょっとしたらAXだけで良いかもしれない・・・。

(マニアックな参考)
FlashPlayerをアンインストールしたときのログを掲載するので、手で消したい場合のご参考に。
<以下、ログ>
出力先フォルダ:C:DOCUME~1takaLOCALS~1Temp
抽出:FlashUtil.exe… 100%
登録解除中:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashFlDbg9b.ocx
ファイルの削除:C:DOCUME~1takaLOCALS~1TempFlashUtil.exe
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla FirefoxpluginsNPSWF32.dll
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla FirefoxpluginsNPSWF32_FlashUtil.exe
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla Firefoxpluginsflashplayer.xpt
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla ThunderbirdpluginsNPSWF32.dll
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla ThunderbirdpluginsNPSWF32_FlashUtil.exe
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashNPSWF32.dll
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashNPSWF32_FlashUtil.exe
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashflashplayer.xpt
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla Firefoxcomponentsflashplayer.xpt
ファイルの削除:C:Program FilesMozilla Thunderbirdcomponentsflashplayer.xpt
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashFlashUtil9b.exe
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashFlDbg9b.ocx
ファイルの削除:C:WINDOWSsystem32MacromedFlashgenuinst.exe
完了

お手軽動画Flex

ども。コマンドラインだけで作るFlexのレポートです。
■必要なもの
・flexSDK 今回はバージョン3のものを使用
・お好みのエディタ
・コマンドライン操作が可能な環境(ターミナルまたはcmd.exe)
 ※Flexのコマンドはいくつかありますが、toolsというディレクトリにPATHを通しておくと便利
1. mxmlを作ります。以下のような感じ。
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<mx:Application xmlns:mx=”http://www.adobe.com/2006/mxml”>
<mx:VBox width=”100%” height=”100%”>
<mx:VideoDisplay source=”/Users/melon/Downloads/wavetwisters.flv” width=”100%” height=”100%” />
</mx:VBox>
</mx:Application>
sourceはローカルにあるflvを指定しています。httpでもいける?
2.mxmlをコンパイルしてswfファイルを出力します
[user:] xmlc flvStream.mxml
3. airへのpackagingおよびその為の設定xmlの作成
[user:] adt -package flvStream.air flvStream.xml flvStream.swf samples/icons/
なんてやりますが、うまく行きませんでした。
…とこのように進みますが、今回はここまで。
でも、上記step2までで動画を内蔵したswfができました!