PHPexcelメモ2

// エクセル基本情報作成

$objPHPExcel = new PHPExcel();
$objPHPExcel->getProperties()->setCreator(‘PHPexcel/laj’);
$objPHPExcel->getProperties()->setLastModifiedBy(“”);
$objPHPExcel->getProperties()->setTitle(“”);
$objPHPExcel->getProperties()->setSubject(“”);
$objPHPExcel->getProperties()->setDescription(“”);
$objPHPExcel->getProperties()->setKeywords(“”);
$objPHPExcel->getProperties()->setCategory(“”);

$objPHPExcel->createSheet(); // シート作成(2枚目以降)
$objPHPExcel->setActiveSheetIndex(0);    // シート選択
$objPHPExcel->getActiveSheet()->setTitle();// シート名
$sheet = $objPHPExcel->getActiveSheet(); // シート取得

    $sheet->getRowDimension($rows)->setRowHeight(30); // 行高さ指定
    $style = $sheet->getStyle(‘B1′);    // セルスタイル取得
    $style->getFont()->setName(‘MS PGothic’);// セルフォント指定
    $style->getFont()->setSize(20);          // セルフォントサイズ指定
    $style->getFont()->setBold(true);        // 太字指定
    $style->getFont()->getColor()->setARGB(‘FFFF0000′); // セル文字色指定
    $style->getFill()->getStartColor()->setARGB(‘FFFF99CC’); // セル色指定

    //セルボーダー指定
    // PHPExcel_Style_Border::BORDER_THIC 普通線
    // PHPExcel_Style_Border::BORDER_THICK 太線
    $style->getBorders()->getRight()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_THICK);
    $style->getBorders()->getLeft()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_THICK);
    $style->getBorders()->getTop()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_THICK);
    $style->getBorders()->getBottom()->setBorderStyle(PHPExcel_Style_Border::BORDER_THICK);

    //セル文字縦位置指定
    // PHPExcel_Style_Alignment::VERTICAL_CENTER 中央
    // PHPExcel_Style_Alignment::
    // PHPExcel_Style_Alignment::
    $style->getAlignment()->setVertical(PHPExcel_Style_Alignment::VERTICAL_CENTER);

    //セル文字横位置指定
    // PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_CENTER 中央
    // PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_RIGHT
    // PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_LEFT
    $style->getAlignment()->setHorizontal(PHPExcel_Style_Alignment::HORIZONTAL_CENTER);

    $sheet->setCellValue(‘B1′,’はろーわーるど’);

$objWriter = new PHPExcel_Writer_Excel5($objPHPExcel);
$objWriter->save(“ファイル名”); // セーブ

メンテナンススクリプトの設定

設定の方法はいくつか方法(とりあえず2.8.1で確認)
スクリプトは前の1時間のデータを集計、キャンペーンを有効・無効化、バナーの配信の優先度を変更、またはe-mailでレポートを送付等様々な処理を行います。

#サーバーがPHPをサポートしている場合
0 * * * * php /path-to-openads/scripts/maintenance/maintenance.php www.example.com  
 
#サーバーがcurlをサポートしている場合
0 * * * * curl -s -o /dev/null http://www.example.com/Openads/maintenance/maintenance.pnp  
 
#サーバーがwgetをサポートしている場合
0 * * * * wget -q -o /dev/null http://www.example.com/Openads/maintenance/maintenance.pnp  
 
#サーバーがfetchをサポートしている場合
0 * * * * fetch -o /dev/null http://www.example.com/Openads/maintenance/maintenance.pnp  
 
#サーバーがlynxをサポートしている場合
0 * * * * lynx > /dev/null -dump http://www.example.com/Openads/maintenance/maintenance.pnp

※path-to-openadsはOpenAdsをインストールしたディレクトリまでのパス、www.example.comはOpenAdsのドメイン名です。

こちらにもう少し色々書いてありました(参照元)
http://wadslab.net/category/openx/

PosgreSQLコマンドをPasswordプロンプトなしで実行!

ども、鈴木っす。
いやー、梅雨もまじかになってきましたね。ジメジメしてきました。

■Passwordプロンプトなしダンプ
PostgreSQLのクライアントツール、「psql」「pg_dump」「pg_dumpall」など
を一々出るPasswordプロンプトをなくして実行する方法になります。
セキュリティの面でちょっとアレですが…。

○.pgpassの作成
実行するUNIXユーザのHomeディレクトリに「.pgass」というファイルを作成します。

cd ~
touch ./.pgpass
chmod 0600 ./.pgpass

○.pgpassの編集
以下のような内容にします。

hostname:port:database:username:password

例)
localhost:5432:*:postgres:hogehoge

※「*」はワイルドカードになります。

○postgresコマンド実行

/usr/local/pgsql/bin/pg_dump -h localhost -U postgres test > test.dump

みたいにすると…。
あら、不思議。Passwordなしでダンプできちゃうよーーん。

これをcronスクリプトにすれば、cronタスクとしてダンプできますね。