wordpressをCMS的にアレコレするためのメモ

wordpressでサイトを構築することがよくあります。
当然wordpressで構築するわけですから、クライアントにて更新業務をおこなってもらうことが前提となります。
しかしながら、素のwordpressで構築してクライアントに引き渡しても更新作業は難しいので、より簡易に更新業務ができるようにカスタマイズをおこなうことになります。
最近、良く使う(使った)方法をメモ的にまとめておきます。

カスタムフィールドを使いやすくするAdvanced Custom Fields

wordpressをCMS的に使うにはカスタムフィールドを使いこなす必要があると思いますが、そのままで使うのはちょっと難しいと思うのでUIを被せるプラグインを導入すると思います。
いままではCustom Field GUI Utilityを良く使っていたのですが、今回はAdvanced Custom Fieldsを使ってみました。

カスタムフィールドを使いやすくするwordpressプラグイン「Advanced Custom Fields」 | DAICHIFIVE blog

すべて管理画面上から設定ができて非常に便利です。
ページ/投稿それぞれ別にカスタムフィールドのGUIが作れるだけでなく、カテゴリ毎にもGUIの切り替えができるのが非常に強力です。
ただAdvanced Custom Fieldsで画像アップロード用のカスタムフィールドを使ったところ、ちょっと癖?がありひと工夫しないと画像が表示されません。

Advanced Custom Fields で画像を表示する

あくまでも画像IDしかカスタムフィールドには入らないようです。

WordPressのウィジェットを自作するためのTips

カスタムフィールドの他にウィジェットも使いこなせるようになると更に便利な機能をクライアントに提供できるようになります。

WordPress いらないウィジェットを表示させない方法

カスタムフィールドを自作できるようになると、デフォルトで用意されているウィジェットが逆に邪魔になりますので上記の方法で非表示にしました。