TOPICS

【リンクアット・ジャパン人事部】仕事のヒントvol.12 違う角度から見る、視点を変えてみる

いろんな角度からものごとを見てみなさい、とか、視点を変えて考えなさい。

こういう言葉を仕事ではよく耳にすることでしょう。

では、「いろんな角度」「視点を変える」とは具体的にどんなことなのでしょう。

1つの方法として「対象としている出来事を、異なるジャンルの考え方で検討してみる」というのがあります。

 

たとえば、「三権分立」を「時間的思考」で検討してみることです。

 

「三権分立」とは、本来、国の仕組みを語る際の言葉です。

立法、行政、司法の三つが、それぞれ権力を分散させていることです。

 

立法とは、法律を作ることです。

行政とは、法律に則って政策を実行することです。

司法とは、世の中の出来事が法律に合致しているか裁定することです。

(すごくシンプルにしています。)

 

これを「時間的思考」に置き換えてみます。

 

立法とは、未来に関する行為である。

なぜなら、そこで作られる法律は、未来の自分たちが従うべきルールだからです。

 

行政とは、現在に関する行為である。

なぜなら、決められたルールに従って、日々を安定的に運営することだからです。

 

司法とは、過去に関する行為である。

なぜなら、すでに起った出来事を、ルールに照らして、その適否を判定しているからです。

 

つまり三権分立とは、きちんと未来を設計し、その設計を実行し、設計と実行を振り返る。

それによって、共同体をよい状態に保つための仕組みと言えます。

 

しかし、このバランスは崩れやすい。

「未来」と「過去」は目の前に存在しないからです。

人々の目の前にあるのは、つねに「現在」だけです。

未来や過去は頭の中にありますが、現在はつねに目の前にリアルに存在する。

だから、どうしても「現在」の事情に引きずられ、未来や過去とのバランスが崩れやすくなる。

 

ですから、現在を扱う行政府の長である「内閣総理大臣」が最大の権力を持つことになるのは、

時間的な枠組みで考えても極めて自然なことです。

三権の長という言葉は知っていても、時の衆参両院議長、最高裁判所長官の名前を知っている人は少ないでしょう。

 

ちなみに独裁とは「行政が立法権限をもつこと」だそうです。

この場合、未来のことは考えずに、現在を中心にルールを作って行くことを意味します。

当然、過去を振り返ることもなくなります。

つまり、思いついたときに、思いついたことができる。それが許される状態が独裁です。

独裁者の資質に共同体が大きく左右されることは明らかですね。

 

そういう不安定さを回避するための方法の一つとして「三権分立」があるのでしょう。

そしてそれは、「未来」と「現在」と「過去」をバランスよく繋げることを意味します。

 

さて、「三権分立」を「時間的思考」で見てみました。

違う角度から見たり、視点を変えると、それ以前とは異なって物事が見えてきたでしょうか。

 

では、この「三権分立の時間的思考」をさらに、別のジャンルに持ち込みます。

「会社の経営」や「仕事の仕方」です。(やっと「仕事のヒント」につながります。)

 

会社の運営や仕事の仕方にも、上の考え方を当てはめることが出来ます。

 

例えば、年度の事業計画を立てる、プロジェクトの計画を立てる。

これは、「未来」を設計する行為です。三権分立では「立法」に当たります。

 

日々、事業計画の達成に取り組む、プロジェクトを計画通りに進める。

これは、決められたことをきちんと「現在」に行う行為です。「行政」に当たります。

 

年度の終わりに、あるいはプロジェクトの終了後に出来事を振り返る。

これは、計画と「過去」に起った出来事のズレを確認する行為です。「司法」に当たります。

 

だとすれば、会社の経営や仕事の仕方においても、三権分立と同じ形式の問題があるはずです。

つまり、「現在」に引きずられ、「未来」や「過去」とのバランスが崩れることです。

 

計画が機能しないので計画を立てなくなる。つまり未来を考えられなくなる。

計画が存在しないので、有効な振り返りが出来なくなる。つまり過去の出来事はなかったことになる。

そして、目の前の出来事だけに必死に取り組んでいる。「現在」しかなくなる。

これは状態的には「独裁」といえるでしょう。

 

仕事の現場においては、悪意を持って、周りの人間たちを自分の好きなように扱いたい、

そういう意味での、独裁者は極めて少ないと思います。(一部のブラックにはいそうですね。)

基本的には、会社の経営や社員のこと、プロジェクトの成功を考えている。

しかし、上に書いたような「独裁者のいない独裁状態」が起ってしまうことがある。

 

これを封じる仕組み作り、人を育てることが、仕事をしていく上での1つのポイントです。

 

小さいけど、個々人が確実に出来ることがあります。

毎日の自分の仕事で、独裁状態が起こらないようにすることです。

 

1日の初めに、その日の過ごし方をきちんと計画する。(立法)

その日を計画を意識しながら過ごす。(行政)

一日の終わりに、計画と実際のズレを確認して、翌日に活かす。(司法)

 

目の前の現実の力はとても強いものです。「現在」はすぐに暴れ出します。

それを防ぐには「未来」と「過去」の力を借りることが必要です。

「過去」と「現在」と「未来」がつながることによって、出来事の意味がつながります。

出来事の意味をつなげる力,それが「時を作る力」ということになります。

 

また、こうなると「時間的思考」がどれだけのジャンルに当てはまるのか試したくなります。

様々なジャンルを横断することは「空間的」とも言えます。

時間をつなげたら、空間もつなげる。そうやって、キャパを広げていくことも大切です。

更新日:2019/11/15