TOPICS

【リンクアット・ジャパン人事部】仕事のヒントvol.16 基本

年末ということもあり、シンプルに書きます。
もし、仕事のヒントとして、1つだけ伝えるとしたら何を書くか。

 

事前に計画を立て、計画を意識して目の前に集中し、事後的に振り返る。

 

これですね。これが基本だと思います。

 

事前に計画を立てる、というのは、たんにスケジューリングをするだけではありません。
具体的な達成目標を設定し、成功条件を洗い出し、基本的な方針を固める。
その上で、起こって欲しいこと、起こって欲しくないこと、
実際に起こる可能性が高いことを想像する。

 

誰がいつ何をするのか、あるいはしないのか。
上手くいくケースよりも、上手くいかないケースを想像する。
それを未然に防ぐ方法、起きてしまったときの対処を考える。
つまり、可能な限りのシミュレーションをしておく。
これが事前に計画を立てるということです。
 
その上で、ことが始ったら、目の前で何が起こっているのかよく観察し、

自分がやるべきことに集中する。
事前にシミュレーションをしているので、目の前の出来事に集中するほど、
ちょっとした変化に柔軟に対応が出来る。
つまり計画と実際のズレを意識しながら、微修正を繰り返し、ゴールまでもっていく。
これが計画を意識して目の前に集中するということです。
 
ことが終わったら、しっかりと振り返る。

まずは計画と実際が許容範囲だったのか考える。
(もう一度、同じことが繰り返されても構わないと思えるなら、許容範囲だろう。)
その上で、より良い計画はなかっただろうか、
よりよい実行はなかっただろうかと、改善点を探し出す。
そして、それを次回に活かす。
これが事後的に振り返るということです。
 
結局、そのサイクルをどれだけきちんと回せるかですね。

1つ1つの計画はスタートとゴールがある、1回かぎりの出来事です。
でも、その1回かぎりをぐるぐる回すという意味では、出来事は循環します。
同じやり方を循環させながら、少しずつ質が良くなっていく。
そういうやり方が、長期戦には必要だと思います。
 
慌てずに、でも、確実に少しずつよくなっていく。

今年がそんな1年であって、来年もそんな1年である。
そんなことを願っています。
 
では。

更新日:2019/12/26